アクア 値引き 限界

新車の本体価格の値引きには限界があります。
おそらくトヨタ本社で決めているのではないでしょうか。
その限界の値引き額以上にディーラーの各店舗で値引きできることはないと思います。

それは最重要な機密情報に当たるので、前もって知っておくのは難しいと思います。

そこで、ここでは本体価格の値引き以外で、支出を抑える方法をまとめてみます。

【諸費用を削る】
車庫証明、納車の費用は自分でやればカットできます。 値下げした合計額が出た後でこれらの費用の話をすること。
任意保険はディーラーがすすめるものじゃなく、自分で選んで契約した方が安くなる。

【見積もりをもらうときは「下取り、オプション、付属品を抜いた車両本体価格だけのものを出してもらう。】
値引き交渉は、車体、オプション、下取り、付属品の分野ごとに別々に行う。
まずは車体の値引きから。

【下取りについて】
まずはディーラーに下取りなしの見積もりをもらう。下取りありの見積もりにすると値引き額を大きく見せられることになる。
中古車買取専門業者の見積もりを交渉道具として利用する。一般的にディーラーよりも専門業者のほうが下取り額は大きい。
ディーラーの下取り額の方が大きいなら、そのまま下取り分を新車代金から値引きしてもらえばいい。

 【下取りの査定をしてもらうときの注意点】
 ・洗車して車内もきれいにする⇒「大切に乗っていた」と思われることが大事。
・大きな傷やへこみは修理しない⇒修理代金は査定額に上乗せされないから。業者は安く修理できる。
・車検の残り年数はあまり関係ない⇒業者は安く車検を通すことができるため

 

© 2018 アクア 値引き rss